カレー好きのデザイナー、イラストレーターです。PCやアナログで絵を描いています。インド、ネパール、アジア民族、ヒッピー、エスニック系が得意。ナマステバンド大好き。東京都多摩市在住。
by syantiama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


もの思う「今日このごろ」

e0123662_017866.jpg

独身のころ、自分第一で生きていました。
 そのころは、自分の時間がたくさんありました。自分で自由につかえるお金も、不自由を感じることなくありました。仕事の休暇さえとれれば、思うまま、気の向くまま。身軽にあちこち行ってました。
 海によく行きました。心と体を解放したくて。仲間といっしょに泳いだり、ひとりでお魚さんを追いかけたり。無人島のそばでスキューバダイビング。漁師さんのとったお魚のおいしかったこと。
 旅をしました。自分をみつめたかったのです。18切符をもって鈍行列車に乗りました。飛行機にも船にも乗りました。飛行場で何度も寝ました。行き先を決めずにてくてく歩き、てくてく歩くのがあまりにも気持ちよかったその夜は、宿がなくて野宿みたいなこともしてみたり。
 はじめての一人での海外は、やっぱり怖くて、現地にむかう飛行機の中で、ドキマギしてました。それでも、一人で未知の世界を歩いている自分を見つけたとき、「やるじゃん、自分」って、笑ってました。

 なんやかんやで、結婚しました。
 その途端、なんだか自分の時間が減りました。夜寝る前の読書ができなくなりました。
 そのかわりに、不安定だった心が、落ち着きました。つらいときに潜り込む場所を見つけた気分でした。人やいろんなことを信じられない中、信じていい人を見つけることができて、私の心はとても救われたのです。それで当面、もう、どこかへ旅をする理由がなくなりました。 
 一緒に生きていく人はできましたが、それでもまだ、たいていの場合、自分が第一で生きていました。

 子どもが生まれ、私は母親という役割を生きることになりました。
 それはとても大きなことでした。大きな大きな変化のときを迎えました。子ども第一となったのです。自分のことは二の次で、まずは子どものこと。守るべき者の存在。
 もう、独身のころのように、自分の時間はたっぷりなんてありません。ほんのちょっとです。
 自分のためにお金をつかうより、まずは子どものために、と思うようになりました。
 海になんてなかなか行けません。旅になんて、出られません。友達にも簡単に会えません。
 一晩中、熟睡できる日も、ゆっくり食事できる日も、のんびりお風呂に入れる日も、どれもこれもずっとずーっと先の話です。
 
 娘に囲まれて眠りにつくとき、私はこの上なく、幸せな気分にひたっています。娘とのんびりお散歩は、とっても贅沢な時間です。そんな時間が大好きです。
 これが今の私です。
(たむたむ)
[PR]
by syantiama | 2009-04-15 00:16 | 2009イラスト(14)
<< レストランのオープニングフライヤー シッカロール >>